Survey Reveals High Usage of Unlicensed Cannabinoids Among Danish Dog Owners

調査結果:デンマークの犬飼い主の間で非許可のカンナビノイドの使用が高いことが明らかになりました

デンマークで最近行われた調査により、非許可のカンナビノイドの広範な使用が犬飼い主の間で行われていることが明らかになりました。この調査は、コペンハーゲン大学のPernille Holstと彼女のチームによって主導され、38%の犬飼い主がカンナビノイド(例:カンナビジオール(CBD))をペットの治療に使用していることが調査されました。これらの結果はオープンアクセスのジャーナルであるPLOS ONEで発表されました。

医療や娯楽のためにカンナビノイド製品が人間で人気を集めている一方で、ペットの治療目的での使用は議論の的となっています。カンナビスが獣医療で法的に処方されていない国では、ペットの飼い主は非許可のカンナビノイドを使用してさまざまな健康問題に対処しています。

この調査は、ソーシャルメディアプラットフォームを通じて匿名で実施され、2,002人の犬飼い主から回答が寄せられました。回答者のうち、38%が少なくとも1つのカンナビノイド製品を犬に使用していることを報告しました。CBDのドロップやオイルが最も一般的に使用されており、犬飼い主の93%がこの治療法を選んでいます。また、わずか4%の飼い主がデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)を含む製品を使用していると報告しました。

調査では、犬にカンナビノイドを使用する理由の幅広い範囲が明らかになりました。犬飼い主は痛みの管理、行動問題、アレルギーなど、さまざまな状態の治療にカンナビノイドを使用していると報告しました。回答者の大多数(77%)がカンナビノイド治療後に犬の精神的または身体的な健康に良い影響を目撃したと主張しました。

ただし、研究者はこれらの結果が自己申告のデータに基づいており、既存の科学的研究からのサポートを欠いていることに警鐘を鳴らしています。カンナビノイドのペットへの使用の潜在的な利益とリスクをよりよく理解するために、根拠に基づいた研究の必要性を強調しています。

Holstと彼女のチームは、デンマークの犬飼い主がこれらの非許可の製品を使用するさまざまな状態に驚いています。これは、犬のさまざまな健康問題の治療におけるカンナビノイドの効果と安全性を確認するために、体系的な臨床研究を行う重要性を示しています。

まとめると、調査結果はデンマークの犬飼い主の間で非許可のカンナビノイドの使用が広く行われていることを示しています。多くの飼い主がこれらの治療法の良い効果を信じている一方で、科学的な研究がこれらの主張を検証し、ペットの飼い主に根拠に基づいた指針を提供するために必要です。

FAQセクション:

1. 調査された犬飼い主の何パーセントがペットの治療のためにカンナビノイドを使用していると報告しましたか?
38%の犬飼い主が調査でカンナビノイド(例:CBD)をペットの治療に使用していると報告しました。

2. 犬飼い主が最も一般的に使用していたカンナビノイド製品のタイプは何ですか?
CBDのドロップやオイルが犬飼い主によって最も一般的に使用されており、そのうちの93%がこの治療法を選んでいます。

3. 犬飼い主の何パーセントがTHCを含む製品を使用していると報告しましたか?
わずか4%の犬飼い主がTHCを含む製品を使用していると報告しました。

4. カンナビノイドを犬に使用する主な理由は何ですか?
犬飼い主は犬にカンナビノイドを使用する理由として、痛みの管理、行動問題、アレルギーなどさまざまな理由を報告しました。

5. 回答者の何パーセントがカンナビノイド治療後に犬の健康に良い影響を目撃したと主張しましたか?
77%の回答者がカンナビノイド治療後に犬の精神的または身体的な健康に良い影響を目撃したと主張しました。

主要な用語/専門用語:

– カンナビノイド:カンナビス植物に含まれる体内にさまざまな影響を及ぼす化合物。
– カンナビジオール(CBD):カンナビスに含まれる非向精神活性のカンナビノイド。
– デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC):カンナビスの中で向精神作用を引き起こすカンナビノイドで、「高揚感」をもたらします。
– 効果の確認:治療法が望ましい結果をもたらす効果的な能力。

関連リンクの提案:
– PLOS ONE:研究結果が発表されたオープンアクセスのジャーナル。
– コペンハーゲン大学:研究が実施された大学。