Japan’s Moon-Lander Achieves Precise Landing Despite Challenges

日本の月着陸船、困難にもかかわらず正確な着陸を達成

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1月19日に、月着陸船の着陸が成功したことを確認しました。この達成は、ミッション中に予期しない問題に直面した後のものです。

月着陸船は「Smart Lander for Investigating Moon (SLIM)」として知られており、最初は太陽電池パネルの問題に遭遇し、着陸の精度を確認するための遅延が生じました。しかし、JAXAの関係者は、SLIMの他のコンポーネントに損傷はなく、制御された降下を行ったことを確認することができました。

残念なことに、降下中に着陸船の主エンジンの一つが故障したことが後に明らかになりました。しかし、この逆境にもかかわらず、SLIMは四王里クレーターの近くに着陸し、日本は月にロボットの機器を着陸させることに成功した5番目の国となりました。この成果は、インドのチャンドラヤーン3ミッションが2023年8月に成功した後に達成されました。

SLIMの主なミッションは、月の100m×100mの小さなエリアに着陸することであり、それが「月の狙撃手」というニックネームを得た理由です。この正確な着陸には、SLIMがチャンドラヤーン2のオービターによって取得された月面の地図を使用する必要がありました。これらの地図は、SLIMのナビゲーションカメラで撮影された画像と重ね合わされ、降下中の障害物を回避するために使用されました。

エンジンの故障のためにSLIMはわずかに目標から逸れましたが、地表から50m上空までは指定された着陸地点から10m以内にいました。最終的には、SLIMは100mの精度でピンポイントの着陸を成功させました。

エンジン故障の原因に関する調査は現在も進行中です。JAXAはまた、エンジンの故障が太陽電池パネルの発電能力に関連しているかどうかも調査しています。これらの課題にもかかわらず、このミッションは日本の宇宙探査の取り組みにおける重要な一歩を示し、インド宇宙研究機関(ISRO)など他の宇宙機関との将来の協力のイノベーションの舞台を築いています。

ISROのチャンドラヤーン3ミッションも、チャンドラヤーン2のオービターで取得された画像を使用して、月の南極点に成功したソフトランディングを達成しました。JAXAとISROの協力は、ルナポーラーエクスプロレーション(LUPEX)などの今後のミッションでさらにmoonとそのユニークな特性、特に南極点の恒久的に日の当たらない部分での水の氷存在を理解する上での重要な一環となるでしょう。

キーワード:
1. 日本航空宇宙研究開発機構(JAXA) – 日本の航空宇宙システムの開発と運用を担当する宇宙機関。
2. Smart Lander for Investigating Moon (SLIM) – 月の表面を探査し研究するためにJAXAが開発した月着陸船。
3. Lunar Polar Exploration (LUPEX) – 月の極域を探査し、そのユニークな特性をさらに理解することを目的とした今後のミッション。
4. チャンドラヤーン2 – 月面と大気を研究するために設計されたオービター、ランダー、ローバーから成る、インドの2番目の月探査ミッション。
5. インド宇宙研究機関(ISRO) – インド政府の宇宙プログラムに責任を持つ宇宙機関。

FAQ

Q:日本の月着陸船が成功裏に着陸したのはいつですか?
A:日本の月着陸船であるSLIMは1月19日に成功裏に着陸しました。

Q:SLIMはミッション中にどのような問題に直面しましたか?
A:SLIMは最初にソーラーパネルの問題に遭遇し、着陸の精度を確認するのに遅延が生じました。さらに、降下中に着陸船の主エンジンの一つが故障しました。

Q:SLIMはどこに着陸しましたか?
A:SLIMは四王里クレーターの近くに着陸しました。

Q:SLIMは月に正確に着陸するためにどのようにして成功したのですか?
A:SLIMはチャンドラヤーン2のオービターによって取得された月面の地図を使用し、それらをSLIMのナビゲーションカメラで撮影された画像と重ね合わせて降下中の障害物を回避するために使用しました。

Q:SLIMは着陸目標を達成しましたか?
A:エンジンの故障のために、SLIMはわずかに目標から逸れましたが、地表から50m上空までは指定された着陸地点から10m以内にいました。このような逆境にもかかわらず、SLIMは100mの精度でピンポイントの着陸を成功させました。

Q:SLIMの前に月に着陸したミッションは何ですか?
A:インドのチャンドラヤーン3ミッションは2023年8月に月の南極点に着陸することに成功しました。

Q:SLIMのエンジン故障に関する現在の調査は何ですか?
A:JAXAは現在、エンジン故障の原因を調査しており、それがソーラーパネルの発電能力と関係しているかどうかも調査しています。

Q:JAXAとISROの間で期待される将来の協力には何が含まれますか?
A:JAXAとISROは、LUPEXなどの今後のミッションで協力し、月のユニークな特性をさらに理解することに貢献する予定です。

関連リンク:
– 日本航空宇宙研究開発機構(JAXA)
– インド宇宙研究機関(ISRO)